Asym !!

Asym !!
古いバートンのAsym(非対称)モデルです。
左右のサイドカットがBinの角度を考慮して前後にオフセットさ
れています。理由は見たマンマなのですが“フロント&バック・
サイドでのエッジに掛かる力点と重心”が前後方向で異なる、
というスノーボード独特の機構的問題に真摯に取り組んだシ
ステムとして考え出されました。

 歴史的には1980年代の終わり頃から各社とも非対称モデ
ルのアプローチを盛んに行なっていましたが、バートン・アルペ
ン・モデルでは非対称モデル(Asym)が主力となったのは9
0’−91’モデルからです。当時のカタログではアルペン・ボ
ード・ラインナップはすべて(Asym)非対称モデルに置き換わ
る、というドラスティックな変貌を遂げています。

その後も実戦と修正により精度を増し熟成を重ね、大幅に扱
いやすさを増してゆきました。その間、フリースタイル・モデル
のAirの一部にまでAsymモデルは導入され、アルペン・ボー
ド・ラインナップでは97’−98’モデルまでカタログ・ラインナ
ップされましたが、レギュラー&グ−フィーのスタンスに合わ
せてラインナップしなければならない、など製造コストの圧迫と
言う面から何でしょうか?ラインナップから次第に消えてゆき
ました。

この年代のラインナップには、アルペン・モデルとして、
● 前期 ; PJシリーズ ・ Mシリーズ。
● 後期 ; ファクトリープライム ・ ALPシリーズ

がラインナップされ、非対称アルペン・ボード・ラインナップとし
て、“レーシング・モデル”と“フリー・ライド・モデル”が用意さ
れて、広範囲な楽しみ方を提供していたのがとても印象的で
す。

また、Asymモデルは上記の通りフリースタイル・モデルの一
部Airにも取り入れられハード・パックバーンでもアルペン・ボ
ードに負けない操作性を目指した希少なモデルがごく短期間
存在しています。


Asymモデル後期にはその特徴的な左右サイドカット・オフセッ
トのデータも整理され、フレックス特性も見直され大変素直で
扱いやすい特性を持つに至っています。

★ Asymオフセット・データ
  ボードの種類によりウェストの幅が大きく異なるので、左右
オフセットデータは角度による表記で統一されるようになりまし
た。

● 基本は10.40°で、“Air” ・ “ALP” ・ “ファクトリー
プライム”では10.40°のオフセット角度が用いられていま
す。

● 一部競技的色彩の強い“ファクトリープライムの一部”のみ
16.40°のオフセット角度が用いられています。こちらは、ど
ちらかと言えばスラローム・競技向けのレーシング・ボードに
のみ投入されているようです。

こちらの写真は、その左右サイドカット・オフセットの違いを端
的に表しているモデルですので、ご覧下さい。

●<写真上>
ファクトリープライム5.7−197。 オフセット角度16.40°

その他、同ファクトリープライム・シリーズでは、4.5−180
 ・ 5.1−195 ・ 5.7−223 のスラローム・ボードの
みが16.4°のオフセットとなっています。
●<写真下>
Asym Air 5.0。 オフセット角度10.40°

上記した例外的スラローム・ボード以外では、ほぼオフセット
角度10.40°のデザインになります。

さて、このAsymモデルは現在の最新ボードから乗り換えて
も、操作性の点では大きな違和感を感じることは殆ど無いほど
乗りやすい、と感じることが出来るのは、大きな驚きです。最
大の要因はやはりオフセットされたサイドカットからエッジを切
り替えたときの自然なクロス・オーバー特性、の様に感じられ
ます。

特にBin取り付け角度をアルペン・ボードのように一定以上に
前向きのセッティングで行う場合には大変有効であるようです
が、よく見かけるフリー・スタイルのライダーのようにパラレル
やダック・スタンスでは大きなアドバンテージにはならないば
かりか、この様なスタンスの設定を好むライダーには左右サイ
ドカット・オフセットは邪魔者以外の何者にもならないように考
えられますので、興味本位で入手しても、なにも良いことはな
でしょう。
2006/06/04
Asym 2!!
ここに紹介するAsymーBoadで全てではあり
ません。当時は国産メーカーでも積極的に非対
称ボードを製造していおり、手持ちがないので
写真で具体的に紹介出来ないが、国内では
OSSが有名である。今でもごく希にオークショ
ンに出品されることがある。幸いなことに今ま
での経験からは、かなり程度の良いものが多
いようで軽いメインテナンスで滑り出すことが可
能であるようです。

バートンのAsymーBoadは販売期間・ボリュ
ーム共に豊富であり入手は比較的容易い。た
だし、保管状況はかなり千差万別の様で結構
厳しいものまで出品されている場合もあるよう
だ。古いボードなのでデッキ・ソール・エッジな
ど無傷で手に入れるのは困難な状況と思われ
るのですが、エッジの錆具合には注意したいも
のです。つまり錆具合がソール面まで回り込ん
でしまっているようなものは使用には向かな
い、とご判断ください。

それさえ心配なければデッキの傷は補修が難
しいですが、ソール・エッジの補修はチューニン
グ・ショップに依頼すれば満足できる具合まで
仕上げてくれますので悲観する必要はないで
しょう。この際ショップからBoadを受け取る際
に、Boadの状態を教えていただき、参考にさ
れると様でしょう。私も、『コレは厳しいかな?』
と思われる状態のBoadを何枚もリストアして
もらっています。

また、殆ど出てはこないでしょうが極希に“未
使用新品”が出品されることがあります。この
場合はエッジの錆についての心配は必要な
い、と見て良いようです。保管上の錆は有って
も極軽いものでチューニングに出す必要性のあ
るものは、今まで有りません。こまめにチェック
すると良いでしょう。

写真の中でシルバーのファクトリー・プライムは
勧めBoadです。4本写っていますが、上段
の3本は145センチの長さで、ウエストは18
センチです。かなり柔らかめで非常に乗りやす
いBoadです。形状からご理解いただけそうで
すが、当時ヨーロッパで盛んに行われていたイ
ンドア・デュアル・スラローム競技に限定的に
使われていたものですが、私はゲレンデでもと
ても気に入って使用しています。とても扱いや
すく自分が上達したか?の様な錯覚に陥るほ
どに素直なレスポンスが特徴になります。

写真下段のシルバーのファクトリー・プライムは
157センチの全長と19・7センチのウエストを
持つスラローム競技に向けて生産されていたも
のです。ウエストが太くなりレスポンスは少し
落ちますが、反面安定性が有り一般的なゲレ
ンデ・クルージングではこちらの157センチの
方が良いかもしれません。

双方ともAsymのオフセット角度は16.40°
と多めのオフセットになっています。この角度を
採用しているモデルはBinの角度設定をかなり
前向きにセットすることを前提としており、素早
く思い切ったエッジの切り替えが可能として、
そのときの素直さは筆舌に尽くせない感覚を味
わわせてくれます。

写真下段の“フリーサーフ”のAsymーBoad
も、データがないので定かではありませんが、
同様に16.40°前後のオフセット角度のよう
です。
2006/06/18
Asym 3!!
楽しいAsymモデルを紹介しましょう。

●写真:左   M−6

当時バートンは必ず“楽しむためのアルペン・モデル”をライ
ン・ナップしていました。レースを目的としたモデルとは別に
純粋にアルペンを楽しむためのモデルとして、スピード・レン
ジを下げるためにフレックスを落とし、ソールもワクシングの
手間を省いてもそこそこ滑ってくれる品質とし、ウエスト幅も
少し広めにして安定性を確保するデザインを取り入れていま
した。勿論その為に販売価格を下げるためコスト・ダウンも同
時に行われています。

*“存分にスピードを上げなくてもキレの良いカービングを味
わえる。”
*“ゲレンデコンディションに大きく左右されることなく楽しむ
ことが出来る”
*“パウダー・ランでも十分に対応してくれる”

など、とても有益な効能を身に付けている優秀なBoadでも
あるのです。また、感覚的には多少エッジの捕らえに甘さを
感じるムキもありますが、基本に忠実な“立ち上がり動作”
には忠実に反応してくれるので基本を身に付けるには最適
な性能を持っている、と言えるでしょう。



●写真:右   AIRー5.0

当時のバートンがどれだけAsymを気に入っていたかが判る
Boadでしょう。デザインは完全なフリースタイル・ボードで、
ソフト・ブーツで乗ることを前提に作られています。また、今
でも私が持っている“唯一のフリースタイル・ボード”でもあり
ます。

現在のBoadとしてはF2の“SPEED CROSS”“ELIMIN
ATOR LTD”などが同様の性格を持つものとお考え頂けれ
ば良いでしょう。とは言っても残念ながら古いボードですの
で、ナニからナニまで総ての面で比較しうる性能である、と
いう訳には行きません。

具体的に異なる点は、開発時点の違いによるボードの重量
であったり、エッジの捕らえに甘さを感じる点であったりと、
この辺はやはり年代を隠せずに分の悪いところが目に付い
てしまいます。

しかし、ソールは分不相応にシンタード・ベースであったり、
と負けていない所も見せてくれますし、エッジはしっかりと加
重すれば正に“オンザ・レール”を忠実にトレースしてくれる
だけの素晴らしい基本性能を持っています。勿論、深雪の浮
力は十分に楽しめる訳です。
2007/04/16
トップへ
戻る
rodeo-dr.net